PAGE TOP

講師紹介

当スクールを卒業後、講師として活躍しているカラリストを紹介します。担当/講師会 紺谷

色は生涯の宝物

村瀬洋子村瀬 洋子さん 講師No 2008157 神奈川県

大学のエクステンションセンターでパーソナルカラー・メイク・スタイリングについての講義や、パーソナルカラリスト検定講座を開催したりしています。個人のお客様向けにはパーソナルカラーコンサルティングでお一人お一人の魅力を引き出す色の提案をしています。女性はメイクカラー、男性はVラインのカラーコーディネートも重要ですので、実践に結びつくアドバイスを大切にしています。「色もメイクも楽しんで! 」と笑顔で楽しんで頂けるよう心がけています。自分の講座に来て頂く受講生に「満足して価値を認めて頂ける」よう、しっかりと準備することは欠かせません。そして、受講生の満足感はクライアントからの信頼を得ることに直接繋がります。自ら主宰しているカリキュラムを組んだ講座に、数ある中から受講生の方々が選択し通って頂くことが本当に嬉しいです。中にはその後、パーソナルカラリスト検定に取り組んだり、もっと深く知りたいと個人的にご連絡頂く方もおられます。更にその方々がとても喜んで下さることに心動かされて感謝する次第です。

保存

生活空間に色は大切!

丸茂佳余子講師丸茂 佳余子さん 講師No 2007133 神奈川県

現在、住宅のインテリアコーディネーターをしています。自然素材を主体としたメーカーなので『予算を考えると絶対に無理』と諦めていたお客様でしたが、相談に来られ、ライフスタイルや好みのインテリアスタイル、色合いや譲れないこと等をお聞きし見積もりの結果、着工可能となりました。その後の打ち合わせでどの部分にどの様な素材や色を効果的に使い、又は馴染ませていくのか、室内建具・床・壁・照明器具・カーテン等、素材とカラー計画は多岐に亘ります。それら全てを総合的にバランス良くまとめ上げ、ご要望が叶う形で提案できました。
お引渡し後の現場で「色々相談に乗って頂けて、望んでいた事が全て叶いました」と言って頂けた事が嬉しかったです。WAMで得たカラーの基礎と応用の知識が役立ち、色の知識は仕事をしていくうえで大きな原動力と強みになると確信しました。
将来は地域のカルチャーで、一般の方々が理解できる「配色効果と技法」「インテリアの色彩計画・窓廻りプラン」等のセミナー講座を開催したいと考えています。カラーは常に私たちの生活の中で重要な役割を担っています。どんな形であれ、これからもカラーに携わって行きたいです。

色を表現する喜びを糧に

重信

重信 量子さん 講師No 2007129 埼玉県

常に相手の立場を考えながら、分かり易くお伝えするよう心掛けています。仕事の内容によっては準備が大変なこともありますが、「よく理解できた」との感想を戴いたときは、準備の大変さが喜びを倍増させてくれるものだと改めて思いました。最近では、日頃から体調管理も大切な準備の一つとして考えています。また、日本画も学び始めて4年が経ち、日本の伝統色についての理解も深まりました。誰もが自分を美しく表現したい。そんな気持ちに添える仕事をしていきたいと思います。

いろんな形で色の楽しさを伝えたい

image1

佐々木 明子さん 講師No 1999045 東京都

各種イベント、出張、自宅サロンにて個人向けにパーソナルカラー診断を行っています。先日は、TV出演をするという方から、衣装の相談を受けました。シーズンカラーの装いをするかどうかで与える印象もかなり違ってきますし、誰に何を伝えるかによって服選びの色も違ってきます。それらを踏まえてアドバイスしましたところ、たいへん評判も良く相談して良かったと感謝の言葉をいただきました。また、趣味で始めたビーズアクセサリーは、その世界での資格取得も果たしました。今後はプラスアルファの付加価値を兼ねた色彩の講座を開催したいと思っています。

保存

保存

カラーが私にもたらしてくれた幸せ

道下 圭子さん

道下 圭子さん 講師No 2005108 大阪府

パーソナルカラー診断の他、専門学校や大学でのカラー、メイク、ファッションスタイリング等の講師をしています。普段から、見た目の第一印象がその人なりを表すものと思います。従って、パーソナルカラーの仕事の依頼から洋服に繋がることも多いので、説得力のある服装を着用することに心掛けています。まさに自分自身が「広告塔」であることを常に意識しています。いつの間にかおしゃれを忘れていたり、少し心が落ち込んでいたり、頑張るだけで自ら楽しんでいなかったり等、そんな方々が本当に前向きに変わって行かれるのいつも楽しみに仕事をしています。私の仕事は「人にスイッチを入れる」ことと思い、これからもそれを楽しんで行きます。カラーは常に私の好奇心を満たしてくれる存在です。

«...234...»