PAGE TOP

講師紹介

当スクールを卒業後、講師として活躍しているカラリストを紹介します。担当/講師会 紺谷

ワム認定校

ワム認定校 ハッピーライフ

当スクールの卒業生が開校した認定校の紹介です。

カラースクール ハッピーライフ 代表 高田智子

代表 高田智子

カラリストスクール・ワムI.C.I 徳島校

〒770-0807
徳島県徳島市中前川町2丁目-22-1
文学書道館内

代表 髙田 智子

※お問い合わせはカラリストスクール・ワムI.C.I東京校までお願いします。
TEL:03-3406-9181

 

装 い は ギフト !

関本郁也講師 関本 郁也さん 講師No 2014217 東京都

色を扱い、色にとらわれない。そして色の楽しさを知ってもらうことを大切にしています。自分の為だけに色を身に付けると視野が狭くなり、ワードローブの中も偏りがちになってしまった経験があります。自分に似合う色を知ることはとてもいいことですが、知り尽くしてしまうとパーソナルシーズンに囚われがちになります。その結果変わり映えしなくなり「ファッション迷子」になった経験がありました。そこで気づいたのは、そこに会いに行く人・場所の雰囲気・社会性を考えながら装うと、着こなしのバリエーションが広がります。また、服装を介してコミュニケーションも生まれます。例えば、自分の好きな色、自分の似合う色だけを身につけるのではなく、これから会いに行く人の好きな色、相手のパーソナルシーズンの色を身に着けて会いに行く。勿論、自ら素敵に装うことが大前提です。相手のパーソナルに合わせて色を使用してみる。そうすると色を使う幅や機会が増えます。相手が色彩理論を知らなくても一緒にいると心地良さを感じたり、並んだときや写真を撮るとき、とてもバランスが良くなります。「装いはギフト」= この哲学を世に広めていきたいです。

「和」を大切に。いつも笑顔で。

永井三枝子講師 永井 三枝子 さん 講師No 2003093 東京都

パーソナルカラー診断・フラワーアレンジメント(プリザードフラワー/アーティフィシャルフラワー)制作・教室・色彩ボランティア等の活動をしています。パーソナルカラー診断時、自信を持っていらっしゃるブリリアントウィンターの方に『アクセサリーはゴールドよりホワイトゴールドが肌に調和し素敵に見えます』とお薦めすると『ホワイトゴールドは目立たないから似合わない』と返答されました。「ゴールドとホワイトゴールド」を合わせて身に着けることをお薦めし、また、金と銀のドレープで比較をし、銀のドレープが似合う体験をして頂きました。「似合う/似合わない」は比較して感じて頂くこと、個性を大切に接していくことが重要であるということを再認識しました。黒中心のスタイリングを好まれるブライトスプリングの方が「ミディアムバイオレット」(ベストカラー)でスタイリングされ、知人から「とても綺麗ね」と言われたお話しを聞き、パーソナルカラー診断後シーズンカラーを取り入れて下さると嬉しく思います。また、診断後のフォローも大切と思います。新婦のパーソナルカラー診断、ウェディングドレスとお色直しのドレス選び、2つのブーケ制作でオータムの赤いドレスに、同じ赤色のハート型のバッグブーケを制作しました。お似合いになり嬉しかったです。

カラーで貴方を輝かせる魔術師

黒石万由美講師

  黒石 万由美さん 講師No 2010182 神奈川県

長年ペイント講師として活動するうえで色の魅力を感じていたことがキッカケでカラーを学び、色彩心理、パーソナルカラーと関わる中で、より多くの人を素敵に輝いて戴くお手伝いがしたいと思い、講師の資格を取得しました。主にカラー診断、カラーとファッションコンサルタントの仕事を周りの方の口コミで紹介して貰っています。自分のコーディネートとお客様の心地良さを演出することを大切に、また、お客様の意向に沿ったアドバイスと納得して頂けるよう押し付けないことを特に気をつけています。ブライダルやパーティのコーディネートもしてみたいと思っています。韓国の大学で、パーソナルカラーについて講義する機会があり、受講者に大変喜ばれました。「ワンタッチネイル」というサロンでネイルをお求めの方に手を綺麗に見せ、かつモチベーションをアップする提案をしています。自分が診断し、コーディネーターとしてアドバイスさせて頂いた方から「皆さんに“素敵”と言われるようになりました」と感謝されたときが一番感動し嬉しかったです。

みんなを幸せにできるカラリストに…

渥美志保講師渥美 志保さん 講師No 2014214 静岡県

自分のセンスを磨きたいという思いから色彩の勉強を始め、通信講座を通してパーソナルカラーの存在を知りました。その世界に興味を持ち、もっと詳しく勉強したいと思いワムに入学しました。友人の結婚式の披露宴の中で「新婦の○○さんは、カラーの勉強をしているお友達にこの色が似合うと言われたので、この色打掛を選んだそうですよ」と司会の方がお話された時には、ビックリしましたが、とても嬉しかったです。「沢山の方によく似合っていると言われて嬉しかった!」と式後に連絡があり、大切な友人の結婚式のお手伝いができ本当によかったと思いました。現在の職場では、店舗ごとに毎週いくつかのニュースを配信して、アプリで見るお買い得商品等を各店舗が紹介しています。他の店舗と一味違う差別化を図るような、自分のカラーの知識を活かして発信できないか思案中です。自分の家族や友人、仕事でお会いするお客様の色選び(アイテム選び)のお手伝いがもっとできたらと思っています。カラリストとしてまだまだ未熟ですが、もっともっと知識・経験を蓄えたいと思います。皆を幸せにできるカラリストを目指して頑張ります!

123...»